レクシア乗馬マガジン

PS of Swedenのゼッケンってどうなの?口コミ紹介

最終更新日 2022年9月8日 by lexia

北欧スウェーデンの乗馬ブランドPS of Swedenのゼッケンや乗馬ウェアの購入をご検討されている方に向けて、この記事では実際の口コミ・評価をご紹介いたします。
ご購入を検討されている方は是非ご参考にしてください。

PS of Swedenってどんなブランド?


PS of Sweden(ピーエスオブスウェーデン)はその名の通り北欧スウェーデンの乗馬ブランドです。
2013 年、喉革のない革新的な頭絡を販売したことをきっかけに、ヨーロッパで大人気の乗馬ブランドとなりました。

2016 年のリオオリンピックでは、障害馬術、馬場馬術、総合馬術の競技でPS of Swedenの頭絡を使用している馬がよく見受けられたほどなんですよ!

東京オリンピックに出場したマリン・バリヤード・ジョンソン選手です。同ブランドの頭絡を使用しており、障害馬術競技団体種目で銀メダルを獲得した選手です。

そしてこの頭絡にとどまらず、その他解剖学的形状の馬具や乗馬ウェアなどの素晴らしいコレクションも開発しています。

中でも2015 年にPS of Swedenの代表的なアイテムとなる独自のストップクッションを備えたゼッケンを販売し、こちらが今でも口コミ評価の高いアイテムとして人気があります。

前橋(ぜんきょう)から肩までにクッションを内蔵することで、鞍を適切な位置にキープすることができます。

今では鞍が前にズレないように、肩甲骨部分にクッションが入っているゼッケンは各乗馬ブランドで多く見受けられますが、その走りとなったのは実はPS of Swedenのゼッケンなんですよ!

PS of Swedenの口コミ・評価は?


それでは以下国内外でのPS of Swedenの口コミ・評価をご紹介いたします!

海外では特に頭絡の評価が高いようですね。

また、国内では特に乗馬ウェアやゼッケンが人気です。
他にはない洗練された色使いが高評価です!

乗馬ウェアのサイズ選びについても悪い口コミは聞きませんが、強いて言うならばスウェーデン人の体型を基準に設計されているので、少々作りが大きめになるので注意が必要です。

ちなみに普段Mサイズ、キュロットは36サイズを着用している当店女性スタッフ(身長159cm/体重46kg)は同ブランドも36でぴったりですよ!

サイズに関してもしご不安でしたら各取り扱いショップに質問するのが一番です。

乗馬用品店レクシアでは24時間365日いつでもお問合せを受け付けております!
是非お気軽にご質問くださいね。

サイズなど商品に関するお問合せはこちらから

また、通販サイトでキュロットを選ぶ際は以下の記事をご参考にしてください。

口コミ評価の高いオススメアイテム

以下ゼッケンなど口コミ評価が特に高いアイテムをご紹介いたします!
気になる商品がありましたらボタンをクリックして詳細をご覧ください。

乗馬用品店レクシア一言コメント

ゼッケンの中でも特にこちらが人気で、リピーター様の多い商品です。他にはない大人なフリルのデザインが愛馬の可愛さを引き立てます!

乗馬用品店レクシア一言コメント

なんといってもスタイルがとってもよく見えるレギンスです!笑
くびれがきゅっと強調され、騎乗時とってもキレイに見えますよ。

乗馬用品店レクシア一言コメント

ゼッケンのキルティング自体にしっかりとした厚みがあり、実物の方が高級感があります。パール付きですが、お洗濯しても意外と取れづらいですよ。

乗馬用品店レクシア一言コメント

特に人気なのはネイビーとオーロラブルーです。表面はツルツルとした肌触りでキレイなお色味が太陽の光に映えます!

乗馬用品店レクシア一言コメント

ツルツル、サラサラとした肌触りで、体温調節に最適な一枚。スタッフ個人的には某ブランドのエアリ○ムにとっても似ているスポーツウェア特有の肌触りだと感じます。。。

乗馬用品店レクシア一言コメント

ヴィーガンレザーを使用しているだけあって、かなり頑丈でしっかりとした硬さがあります。なので最初は馴染むまでに装着するのに少し時間がかかるかもしれません。また、マットなのでプラスチック製のものと比べるとあまり傷が目立たないですね。

最後に

この記事ではPS of Swedenの実際の口コミ評価と乗馬用品店スタッフのレビューを紹介いたしました!
ゼッケンや乗馬ウェアの購入をご検討されている方の参考になれば幸いです。

また、乗馬用品店レクシアでは他にも同ブランドのアイテムを豊富にお取り扱いしております。
他にもどんなアイテムがあるか見てみたいという方は以下ボタンをクリックしてください!

PS of Sweden一覧はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。