レクシア乗馬マガジン

障害馬術競技のルールと魅力とは

今回の記事では、馬術競技の一つ、障害馬術がどんな競技なのかを紹介します!その魅力とルールを体験談を踏まえながら動画付きで解説しております。読み終わった頃にはきっと障害馬術競技に挑戦してみたくなりますよ♪

障害馬術競技ってどんな競技?

この投稿をInstagramで見る

 

Leah(@buckings.workshop)がシェアした投稿


障害馬術競技とは、簡単に言うと、馬と一緒にハードル(障害物)を飛び越えて、タイムと減点を競う競技です。

障害物は10~15個設置され、全てコースが決められております。
コースはその競技によって異なり、競技開始前の僅かな時間でコースを覚えなくてはなりません。

障害馬術競技の実際のコースの様子です。

また、障害馬術競技はジムカーナという地上横木をまたぐクラスから、オリンピッククラスの160cmほどの高さの障害物を飛び越えるクラスまで5cm・10cm刻みでクラスが分けられます。
障害物の高さが高くなるほど難易度も上がり、現在の国際障害馬術競技の最高レベルは155cmクラスです。

初心者さん向けのクロスバー競技(高さはおよそ50cm)の様子です。

こちらは国際馬術競技最高クラスの様子です。障害の高さは150cm~160cm、幅180cm~200cmまでにもなります。

基本的に1~3位の成績を表彰するのですが、クラスアップするごとに賞金金額や商品が豪華になっていくんですよ!表彰式も豪華でとってもかっこよくて、見どころが沢山なんです♪

大きな障害馬術競技会になると、このようなウイニング・ランがあるんです!
自分もいつかやってみたくなりますよね~!

障害馬術競技のルールについて

障害馬術競技の基本的なルールは以下の通りです。

  • 障害を落とさないようにする
  • なるべく早いタイムでコースを回ってくる

完結にいうと障害馬術は、減点が少ない、かつ一番早いタイムで走行したものが優勝するルールとなっております。

障害馬術競技では、障害物のバーなどを落下させると-4点の減点が付きます。満点に近い人馬ほど成績が上がるので、最優先するべき目標は満点走行、つまり障害物の落下ゼロを目指すことになります。

こちらは障害のバーを落としてしまっているので、-4点の減点になります。

また、バーの落下の他にも、障害前で止まったり、障害を切ってしまう(避けてしまう)のも-4点の減点対象となります。あくまでも障害を飛越するのは馬なので、馬と人の呼吸が合わなかったりその馬が苦手な障害物があると、障害前で反抗してしまう時があります。
この場合もタイムは進みますので、迅速に立て直して再度トライする必要があります。

こちらは障害前で馬が急停止してしまっている様子です。。

こちらは障害前で(切っている)避けてしまってる様子です。
馬の嫌そうな表情がよくわかりますね。。

続いて、早いタイムでコースを回ってくることがポイントになります。ここが障害馬術競技の面白い所でもあるのですが、障害を飛越する順番と順路は決まっていても、どこを通るか、障害と障害の間を何歩で飛ぶのかなどは自由なんです。
文章で説明すると難しいので詳しくは以下の動画をご覧下さい!観客の盛り上がりの声が競技会を更にヒートアップさせますよね~!

1秒ゼロコンマの差を埋める為に、丁寧かつスピーディーにそれぞれの障害を飛越することが障害馬術競技の魅力でもあります!

障害馬術の魅力ってなに?

続いて障害馬術競技の魅力についてお話させて頂きます。
これを読めばあなたもきっとお馬さんと一緒に障害を飛んでみたくなるはずです!

人馬一体で障害を飛び越える爽快感

障害馬術競技の魅力の一つに、馬と一緒に障害を飛び越える爽快感があります。
一見小さく見える障害でも、馬の背中にまたがるとかなり大きい障害に見えます。そんな障害物を颯爽と風を切りながら飛び越えるととっても気持ちいいですよ!
こちらはGoProをヘルメットにつけて走行している動画です。動画だけでもその臨場感や馬のダイナミックな動きが伝わってきますよね!!

頭脳戦


はたから見ると、皆軽々と馬をコントロールして障害を優雅に飛んでいる用に見えますよね。
しかし実際は競技前のわずか15分間の下見の合間に、緻密なコース取りを計算したり、自分の馬の得意不得意に合わせて工夫を練るなど、頭をフル回転させて判断しているのです。
そしていざ競技会で自分の走行がスタートしてみると、想像していなかったイレギュラーが起こったり、障害の落下などにより減点されることもあります。緊張感が高まる中で冷静かつ素早く判断することが大切で、スポーツといえども実は頭脳戦な競技なのが障害馬術の難しさとも魅力とも言えるでしょう。

上手く走行できた時の達成感


そして障害馬術競技の一番の魅力は、上手く走行できた時の達成感です!
上手くいく走行の基準は人それぞれですが、満点・トップタイムで走行できた時の爽快感と達成感は格別です。。。!今までの練習が成果に現れると本当に嬉しいですし、この上ない達成感を味わえますよ!また、表彰された時や優勝した時はもっともっと嬉しいですよね。。!障害馬術競技に参加する人は皆この優勝を目指して普段練習を重ねているんですよ!

まとめ

障害馬術競技がどんな競技なのか、このルールと魅力について解説させて頂きました!
これから競技会に出場する、もしくは検討しているという方は競技会用の乗馬ウェアを準備しなくては行けません。以下の記事では競技会での服装について解説しておりますので、是非ご覧下さいね♪

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。